全社1回戦VSバンディオンセ加古川戦レポート

去年までのバンディは、全国のJを目指す地域リーグのチームの中で最も強いチームの一つでしたが、今年は財政面の都合でチーム強化が困難になり、関西リーグでは前期こそ首位であったものの後期になると勝ち星が伸びず、4位に甘んじてしまいました。とは言っても、バンディも全社に今年の命運をかけて闘ってくることは間違いなく、苦しい試合になると思っていました。
 
この試合、カマタマーレは、天皇杯vsFC東京戦から数名の選手を入れ替えて臨みました。
「5日間の連戦を意識した選手起用だ。優勝を狙った選手起用だ。」と即座に理解しました。
 
サポーターの方々もたくさん来ていましたね。それにカマタマーレのファンの方もけっこう居て、「みんなすごいなぁ。」と関心しました。私もその一人ではありますが・・・。
試合の方は、引いて守りを固められ、なかなかゴールを奪えず前半は0対0で終了。
後半は、完全にボールを支配し、おしい場面が多くありました。特に、岡本秀雄選手は、もう少しでゴール!というきわどいシュートが5回くらいあったんじゃないかなぁ。結局、ペナルティエリア内で岡本秀雄選手が相手の反則を誘って得たPKを神崎選手が決めて1対0で勝利!
 
この試合、私が強く感じたことがあります。
「いつもと違う。いつもの試合運びとは違う。」
そうです。四国リーグでも全社でもポゼッションサッカーをしていましたが、四国リーグの試合とは明らかに違っていたのです。
何が違っていたのか、それはまた次の機会に述べさせてもらおうと思いますが、以前から思っていた「ポゼッションサッカーで勝つためには、ホゼッションすることだけではだめなんだ。」ということをやっとわかってもらえたんだ、と確信したのです。
とにかく、この一戦で「強いぞ!期待できる。」と思いました。
 
広告

pooh525 について

カマタマーレ讃岐を応援している、まっとうな社会人です!
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中