地域決勝1次ラウンド

決勝ラウンドには、以下の4チームが進出しました。

Y.S.C.C

三洋電機洲本

カマタマーレ讃岐

AC長野パルセイロ

Aグループは、昨年も決勝ラウンドに進んだY.S.C.CとJFA推薦のSC相模原の争いとなり、直接対決を制し、3戦目ですでに1次ラウンド敗退が決まっていたレノファ山口との対戦が残っていたSC相模原がトップで通過か?と思われましたが、レノファ山口が0対2から3点とって逆転勝ちし、SC相模原は勝ち点を伸ばせず、1次ラウンド敗退となりました。JFA推薦での出場で、実力がないと推薦なんてされないはずですから、決勝ラウンドに進めなかったことは、他のチームにとっては、やっかいな敵がこないでよかった!ということでしょうか?それにしても、3戦目で中国リーグ王者の存在感を強烈にアピールしたレノファ山口に敬意を表します。Y.S.C.Cは、まだ一度も見たことがなく、カマタマーレとの対戦もないので、どんなチームなのか、さっぱりわかりません。しかし、関東リーグのダントツトップだったとのことなので、強いのは間違いないです。

Bグループは、なんといっても三洋電機洲本の頑張りに尽きますね。地元開催で有利なはずの藤枝は、あろうことか2戦目で1次ラウンド敗退が決まり、さぞや落胆したと思います。三洋電機洲本と藤枝の試合は、藤枝が序盤に2点をリードし、一方的な試合になるかな、と思ったら、三洋電機洲本は、そこから5点とって大逆転勝ち!関西リーグ王者の底力でしょうか。個人的には、元カマタマーレの加藤がいるグルージャ盛岡が気になっていましたが、3戦目で三洋電機洲本に加藤の2ゴールで2対0と勝利したものの、総得点で及ばず、おしくも決勝ラウンド進出はなりませんでした。

さて、Cグループですが、正直、なんでこんな組合わせにしたんだ!と日本サッカー協会に抗議したくなるような、激戦つづきでした。が、全国の地域リーグファンの方々の大方の予想どおり、カマタマーレがトップ通過、AC長野がワイルドカードで通過という結果になりました。とは言っても、カマタマーレの試合は3戦とも接戦で、福島ユナイテッドもさいたまSCもよいチームでした。3戦目で長野の実力を思い知らされ、決勝ラウンドの初戦がまたまたたいへんな試合になりそうです。

カマタマーレのJFL昇格という目標達成のためには、勝たなければなりません。守って守りきって勝つパターンのカマタマーレですが、CB波夛野の怪我がどうなのか気になります。はたして決勝ラウンドに間に合うのか?CBとしての存在感は抜群であり、他チームの強力な攻撃を押さえきるためには波夛野の存在は不可欠であると思っています。なんとか決勝ラウンドに間に合うよう回復してくれることを祈るばかりです。

広告

pooh525 について

カマタマーレ讃岐を応援している、まっとうな社会人です!
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中