ありがとう・・・。

年が明けました。しかし、私自信の2010の総括は終わっていませんでした。

一区切りがついたので、退団した選手について、私なりのコメントをさせていただきます。事前にお断りしておきますが、私は、選手たちと親しい関係はありません。ゆえに、「それは違う!」「お前の思っていることと、ぜんぜん違うぞ!」という感想を持たれる方もいらっしゃるとは思いますが、私の感じたまま、思うままに書かせていただきます。

河原選手

不完全燃焼の2年間であったと思います。怪我もあり、思うようにいかなかったと思います。しかし、あなたは、サンフレッチェ、サガン、トリニータ、愛媛とJのクラブを渡り歩いた経験があります。これだけの経験ができる選手など、そうはいません。それは、河原選手の持っているポテンシャルが高いことを証明しています。職場の同僚にサンフレッチェのサポーターがいます。河原選手のこともよく知っています。カマタマーレにはあまり興味がなかった彼が、河原選手がカマタマーレに入団すると知って、「河原が来るなら応援に行く!」と言っていたことを思い出します。あなたを応援している人は、間違いなく全国にいます。

佐々木選手

引退ですか?もうプレーヤーとしては終わりですか?本当にもったいないと思います。今年は、怪我がすべてのシーズンだったと思います。出番が少なく、さぞ心残りのシーズンであったと思います。一昨年、なぜ、佐々木をもっと使わないのか?と大いに疑問をもっていました。ボールをもってからのスピード、キレがある佐々木選手をもっと生かすべきだと思っていました。一昨年の夏のファジアーノとのTM(国体チームの強化試合ですが)のときの佐々木選手のゴールが強く印象に残っています。1対1で勝負し、一瞬のスピードでDFをかわし、スピードに乗ったままでシュートにもっていったプレーこそ、佐々木選手の真骨頂であると思います。

朝比奈選手

戦術が変わり、昨年は、求められることが激変した1年だったと思います。昨年の前期の徳島ヴォルティス2nd戦のことが強く印象に残っています。FWでの出場でしたが、とにかく走って走って走りまくった朝比奈選手の姿に目が丸くなりました。一昨年とはまったく違うプレースタイルに驚くと同時に、朝比奈選手の勝つことに徹した意識をビシビシ感じたことを思い出します。最前線でパスを受けて、一昨年なら、後ろから上がってくる選手を使うところを、自分一人で勝負しにいったプレーを見て、「朝比奈の意識は変わっている。すげぇ!」と思いました。ファン感は欠席していて、とても残念でしたが、今年もどこかのチームの中心選手として活躍してくれることと思います。

森田選手

「カマタマーレ讃岐」となって5年間、栄光も挫折もすべて見てきた森田選手。あなたの退団を惜しむファンが数多くいることと思います。個人的には、天皇杯のガイナーレ鳥取戦のゴール、一昨年の全社、レノファ戦の決勝ゴールが強く印象に残っています。カマタマーレとともに森田選手も成長した5年間であったと思います。一昨年の後半はエースFWの一人でしたが、昨年は、出場機会が減って、不完全燃焼かもしれませんが、多くのサポーターに愛された森田選手のことは、栄光も挫折も共有したファンが、これからも応援し続けるでしょう。

宮内選手

一昨年、まったくといっていいくらい出番がなく、「なんで宮内を使わんのや!」とひとり憤っていました。1対1の場面で見せるキレキレのドリブル突破は、大きな大きな武器であったはずです。そんな私の願いが通じたのか、昨年は、交代出場が多かったものの出場機会が増え、やっぱり私の考えは正しかったと自己満足していました。そのキレのあるドリブルがある限り、どこでやっても大丈夫なはずです。個の能力をフルに発揮する戦術なら、きっと中心選手になることでしょう。出番が少なかったけど、私はちゃんと宮内選手の能力を高く評価していました。

脇坂選手

四国リーグ得点王の脇坂選手には、数々のゴールでカマタマーレを救ってもらいました。誰よりもゴールへの意識が強く、そして、誰よりもシュートを放ち、誰よりも多くゴールを奪った選手です。サポーターの方々からも愛された、カマタマーレの脇坂のことを忘れられません。プレーヤーとしてのキャリアは終わり、教員の道を目指すとのこと。もしも、出来ることなら、香川に留まり、香川で教員になってもらえませんか?脇坂選手が学校のサッカー部の顧問になる・・・すばらしいことです。ぜひお願いしたいと思うのは、私だけではないはずです。

佐藤選手

一昨年はエースFWとしてゴールを重ねましたが、昨年は出場機会が減ってしまい、不完全燃焼の1年であったと思います。個人的には、天皇杯での鳥取ドリームス戦の決勝ゴール、一昨年の全社、レノファ戦の先制ゴールが強く印象に残っています。がむしゃらのようでテクもあり、クレバーのところもある玄人受けするタイプの選手だと高く評価していました。今年はどうなるのでしょうか?佐藤選手なら、どのチームにいっても存在感のある選手になると思います。

清水選手

このブログに書いていますが、昨年は、とうとう1度も練習を見に行っていないので、清水選手のことを見ることができませんでした。ごめんなさい。昨年は、シーズン中盤に入団し、てっきり来年のための補強の先取りと思っていました。清水選手は、まだまだ若く、これからいくらでも可能性がある選手であると思います。カマタマーレでの経験が将来の清水選手のために役立つことを望みます。

小林選手

入団時はFW登録、開幕戦は左サイドバック、そのシーズン途中からは右サイドバックも兼ねるという万能ぶりを発揮した小林選手ですが、本当はFWをやりたかったのではないでしょうか?カマタマーレでは、サイドバックとして見る機会がほとんどだったのですが、攻め上がったときのプレーは、スピード、テクニックとも抜群で、これを生かす戦術なら、大活躍間違いなしと思いました。ファンからも選手からも愛されるキャラクターの持ち主だったようです。ファン感でのビンゴゲームで「おばさん」が見事ビンゴとなったようですが、香川に縁があるのでしょうか?もしそうなら、ぜひ香川に残ってください。お願いします。

堀之内選手

ファン感のときに欠席していたのは残念でした。後日、選手ブログに指導者講習会に出席していたためと知り、欠席もやむなし、むしろ、堀之内選手の将来のために応援しなければと思いました。4年間のうち、正GKであった時期が長かったので、数々のセーブを見てきましたが、個人的には、天皇杯のガイナーレ鳥取戦でのスーパーセーブが強く印象に残っています。あのセーブがなければ負けていたかもしれません。昨年は、出場機会が減ってしまい、残念であったと思います。今後は、指導者の道を歩むのでしょうか?将来、またカマタマーレと縁があるかもしれませんね。

大西選手

シーズン途中の期限付き移籍で、周りとのコンビネーションに苦労したのではないかと思います。地域決勝大会では、闘志あふれるプレーで攻撃だけでなく、前線での守備にも大いに貢献したのではないでしょうか。ゴールがなかったのが非情に残念です。引退するとのことですが、運動量もあり、スピードもある。もったいないです。どこでだって、必ず必要とされる選手だと思います。それだけのポテンシャルは持っていると高く評価しています。もし、「もう一度」という気持ちが少しでもあれば、悔いを残さないためにも、もう一度チャレンジしてはどうでしょうか?

岩佐トレーナー

最後になりましたが、2年間本当にお疲れ様でした。特に今年は、選手たちのコンディショニングに苦労されたと思います。岩佐さんの仕事ぶりは、地域決勝最終戦後に選手に胴上げされたことをみればわかります。岩佐さんがいればこそ、選手はよいコンディションで試合に臨むことができたのでしょう。間違いなく、岩佐さんもカマタマーレの大きな戦力であったと思います。

以上、退団する選手、トレーナーについて、思うままに書きました。

我々ファンの思いを背負って闘ってくれた選手、トレーナーのみなさんを、カマタマーレのファンはけして忘れません。それぞれがどの道を進もうとも、必ず成功されることを心から祈ります。本当にありがとうございました。そして、お元気で。

広告

pooh525 について

カマタマーレ讃岐を応援している、まっとうな社会人です!
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中