続まちなかスタジアム

住谷新社長が就任会見で「まちなかスタジアム」について「サンポートがベスト」と言っていました。それはさておき、実際にサンポートにサッカースタジアムが建設できるのかについて考えてみました。

現在のサンポートには、シンボルタワーの裏側?に広大な空き地?があります。休みの日となれば、たくさんの方々が散歩したり、日向ぼっこをしたり、子供と遊んだりと憩いの場となっています。確かに広い空き地?ではあります。

サッカーのピッチは、ワールドカップ仕様では105m×68mです。スタジアムですから当然スタンドがなければなりません。そして、スタジアムの周囲には、適当な空間も必要です。

それらを考えると、本当にこの空き地にスタジアムを建設することができるのだろうか?と思ってしまいます。もしかすると、ちょっと狭いんじゃないか?土地が足りないんじゃないか?と考えます。スタジアムを建設するということは、Jリーグの基準を満たしたものを建設するのは当然です。そうなると、相当な観客を収容できるスタンドが必要です。1万5000人以上収容できるスタンドが必要になると思われますが、そんな大きなスタンドが果たしてこの空き地に造れるのか?疑問です。ただ、スタンドは2層にする、つまり2階建のスタンドにする等の方法はあります。イメージとしては、アルゼンチンのボカジュニアーズのホームスタジアム(むかーし雑誌で見たことがあります。たしかマラドーナが所属していたころなので、かなり昔です。現在はわかりません。)のような感じでしょうか。

それにしても、莫大な建設費が必要となるスタジアム建設が数年以内に実現するためには、カマタマーレがJ2に昇格し、しかもJ2で好成績を収め、名実ともに香川県のシンボルとなり、県民に愛され、香川の誇りと思ってもらえるクラブになる必要があります。その時には、県都としての高松市は、本気でサッカー専用スタジアムの建設を考えてくれるかもしれませんし、そうならないと行政は動かないと考えた方が常識的ではあります。

支援はするが、出資については保留としたり、設備の使用料の減免だけでもかなりの支援になると行政の担当者が報道のインタビューに答えていることからも、行政は、未だ「様子を見てから・・・」というスタンスでしかないことは明らかです。行政を動かすためには・・・やっぱり勝つしかないです!勝ち取るしかないんですね!

広告

pooh525 について

カマタマーレ讃岐を応援している、まっとうな社会人です!
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中