5月3日は生島です。

初戦は残念な結果となりましたが,次の試合はすぐにやってきます。いよいよホーム開幕戦です。その相手は,横河武蔵野FCです。カマタマーレにとっては,JFLの大先輩ともいえるクラブです。カマタマーレ№14の中島の前所属チームで,昨年の地域決勝千葉ラウンドに横河武蔵野のサポーターの方が中島の横断幕をもって応援にきていたのを思いだします。

そんな歴史も実力もある横河武蔵野との試合の舞台は,香川県のサッカー関係者なら誰でも知っている「生島」です。正式には,香川県営サッカー・ラグビー場?でしたか?香川県で唯一のスタンドがある球技専用スタジアムです。

これが生島です。中央がメインスタンドです。こじんまりしていますが,2階からは見やすさ抜群です。

バックスタンド側です。スタンドはありません。全面芝生席です。

5月3日は,関東方面からも横河武蔵野FCのサポーターの方々がおいでになると思います。皆様,生島への行き方をご存じでしょうか?(当然下調べ済みと思いますが・・・)

簡単ではありますが,公共交通機関を使っての生島への行き方を紹介させていただきます。

四国香川の玄関は,高松駅です。

改札を出て,駅舎の外に出ると駅前広場です。その左側にバスターミナル(そんなに大きなターミナルではなく,バス乗り場と言った方が適切かもしれません。)があります。生島までは,地元のバス会社「ことでんバス」で行きます。

バス乗り場は2番です。ここで「弓弦羽」行きのバスに乗ってください。なお,バスの本数は1時間に2本程度なのですが,ご容赦ください。

乗車時間は30分程度と思われます。

そして,降りるバス停ですが,ここで注意していただくことがあります。生島は,サッカー場の他に野球場,テニスコート等を備える総合運動公園です。なので「総合運動公園前」のバス停で降りるものと思われがちですが,そこで降りると,サッカー場までかなり歩くことになります。サッカー場への最寄りのバス停は「総合運動公園前」の2つ手前の「生島」です。

「生島」でバスを降りたら,バスの進行方向とは逆の方向を向いてください。

道の左側に,小さなお堂というか祠と言った方がよいかもしれませんが,その脇の道を入っていくと,目の前に生島のスタジアムが見えます。バス停からは,徒歩で5分もあればスタジアムに到着です。

もし,バス停を乗り過ごした方は,その次のバス停で降り,バスの進行方向に沿って少し歩けば,総合運動公園の正面入り口にたどりつきます。

正面入り口からは,案内板にしたがって徒歩で5分くらいでサッカー場に到着します。

「生島」のスタジアム入り口です。が,試合のときの入場口は,この写真の左側の方になると思われます。写真の入り口は,チーム関係者,報道関係者,来賓等の専用の受付等になると思われます。

スタンドから見たピッチ,そしてスコアボードです。スコアボードは電光掲示板ではなく,手動です。オーロラビジョンがあるスタジアムがうらやましいですね。

いかがでしょうか。少しは皆様の参考になったでしょうか?細かいところまでご案内できず,申し訳ないのですが,少しでもお役に立てたなら幸いです。

5月3日,皆様をお待ちしております。

広告

pooh525 について

カマタマーレ讃岐を応援している、まっとうな社会人です!
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中