MI-Oびわこ滋賀戦はドローでした。

1-1の引き分けです。

先にMI-Oに先制されましたが,よく追いつきました。

カマタマーレのゴールは石田でした。

 

試合会場に着いたのはキックオフ直前でした。

駐車場から急いでスタジアムへ向かうと,選手入場の直前でした。

背番号11カマタマーレの大黒柱である西野が見えました。

そしてMI-Oのなまず?のキャラクターもいました(後ろ姿ですみません)。

カマタマーレサポーターも集結していました。

たくさんの方々がアウェーまで遠征に来ていました。

試合開始から互いに激しく攻守が入れ替わる展開が続きました。

そして,MI-Oが先制。

クリアしようとしたソンジンの鼻先でボールを奪われてゴールを決められました。

久々の失点です。

しかし選手達は慌てていませんでした。

石田が左サイドからドリブルで持ち込み同点ゴール!

正直なところ遠くてよくわからなかったのですが,左サイドからドリブルで持ち込み,相手DFを内側にかわし,シュートブロックにきた相手DFの股間を抜いた?見事なシュートだったように見えました。GKはまったく反応できず,MI-Oゴールに突き刺さりました!

この石田のシュートが相手DFの股間を抜けたのは偶然ではないはずです。

このゴールのように,石田が左からドリブルで持ち込み,相手DFを内側にかわしてシュートを打つパターンは,これまで何度も見ています。相手DFがいて少々強引とも思えるこのプレーは,シュートブロックにきたDFの股間を抜くシュートを狙っていたのだと思います。

GKは,DFが切っているサイドとは逆の方のシュートを予測するはずで,DFの股間を抜けてくるシュートに対応するのは難しいことがわかっていて,それを狙ったプレーだと思います。

石田英之・・・さすがです。プレーのレベルが高いです。

前半はこのまま1-1で終了。

後半,頭から酒井に代わって堀河を投入しました。

時間が経つにつれ,カマタマーレのペースになり,ビッグチャンスが続きました。

が,これをいずれも決め切れず,いやな感じがしました。

アンドレアに代えて市原を投入しましたが逆転ゴールは奪えず,終盤にはMI-Oに攻め込まれました。しかし,DF陣のがんばりでゴールを許さず,結局1-1で試合終了。

試合内容では完全に上回っていただけに,なんとか勝ち切ってほしかった。

そう思う試合でした。

試合後の選手達です。

蒸し暑い中,最後までよく走りがんばりました。

お疲れ様でした。

今日,長崎が勝ち,天皇杯JFLシードは逃しましたが,我々の目的はJ2昇格です。

これからもぶれることなく目的に向かって闘ってもらいたいと思います。

ところで・・・

今日スタジアムの入口でベンチ入りしていないMI-Oの選手達が運営の手伝いをしていました。

その中に元カマタマーレの尾上選手を発見!

こんなチャンスはめったにないぞと思った私は,ちょっと話しかけてみました。

私「尾上さん?」

尾上選手「?はい!」

私「治った?」

尾上選手「もうちょっとです。」

私「がんばってね。」

尾上選手「ありがとうございます!」

以上です。

もともと言葉足らずのことが多い私には,これが精一杯でした。

実は,尾上ゆーやと話をしたのは初めてです。

話といえるようなものではありませんが・・・。

早く完治して,早く試合にでられるよう,がんばってください。

 

 

MI-O戦の情報はこちらからどうぞ。

 

 

広告

pooh525 について

カマタマーレ讃岐を応援している、まっとうな社会人です!
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中